4月24日青森県から秋田、山形へ【なまはげ館行ってきました】

青森県弘前市からスタート。


菜の花ロードと名付けられた道の
沿道が大変見頃です。

お世話になった青森を抜け、
秋田県に入りました。
 
 
 
途中の道の駅で、
きりたんぽ鍋セットを
お値打ち価格でゲットしました。

きりたんぽってもち米なんですね。
知らなかったです。
お米を潰しきらずに
食感が残っていて美味しいです。
スープは濃いめの醤油で、
えのきがとても合いました。
 
ご飯がなくてもお腹にたまります。
 
 
 
秋田名物を食べた後は、
男鹿(おが)半島にある
なまはげ館に行きました。

なまはげに会える博物館です。
なまはげ体験があったので
ビビりながら参加しました。

すごい勢いで
なまはげ達が迫ってきます。
大声で「真面目にやっでるがー!?」と問われ
あまりの迫力に
小さい声で「真面目です」
としか言えませんでした。
 
これは子どもたち泣きます。
資料館には、実際に大晦日の夜に
なまはげ達が民家に入る様子が上映されていました。

体験の比にならないくらい恐ろしい形相で、
泣いている子供達を担いで
外に連れ出そうとしています。
それを半笑いで止める親。

集落ごとになまはげの顔が違うらしく、
多種多様なお面をかぶった人形たちが
展示してありました。

なまはげの由来は、
ナモミ(囲炉裏に長時間座っていると手足にできる火型のこと)をはぐ、
という言葉から来ていて、

囲炉裏の前でじっとしている怠け者がいないか、
年に一度戒めに来る神様なんだそうです。

それにしても怖すぎるので
正直なところ男鹿半島に生まれなくて良かったと思いました。

なまはげ館前のポスト。かわいい。

 
 
なまはげに怒られたあと、
道の駅あきた港に寄りました。
港のすぐそばにあり、
なかなかすごい展望タワーが立っています。
無料で登らせてくれる太っ腹な秋田県。

ここに、いつだかテレビで話題になっていた
うどんそばの自販機がありました。
一杯¥250で、なかなかクオリティです。
店主のおじさんが常に見ているので
自動販売と言い切れないところがおもしろかったです。

秋田犬を見れず残念でしたが
どんどん進んで山形に入りました。

 
明日は山形の沿岸部を進んで
新潟を目指します。

美味しすぎて山形で店舗を探した盛岡冷麺やまなか屋。旅中3度目の盛岡冷麵となりました。

 
 
あと37日。

おすすめプロテイン
最新情報をチェックしよう!