iphoneで簡単!写真編集

「いい写真が撮れない!」「撮った写真がちょっと残念…」

旅行やお出かけでせっかく写真を撮っても、気に入らないことはよくあるもの。

パッとしない写真も、ちょっと手を加えるだけで劇的に変えることができます。

編集なんて難しそう?そんなことありません。

たった2つのポイントをおさえるだけで、写真の見栄えが劇的に変わります。

1点ずつ詳しく解説していきましょう。

1.トリミング編集

トリミングとは、写真の不要な部分を取り除いて、構図を整えることです。

実際のiPhone11の画面を見ながらやってみましょう。

たとえばこの写真。

(京都 南禅寺)

着物を着て、おすましポーズ、このままでもいいのですが、

トリミングをして不要な背景を取り除くと、

現実感を排除し、レトロな世界観を強調することができます。

iPhone11の画面を見ながらやってみましょう。

まず写真アプリを開き、右上の編集ボタンを押します。

すると黒い編集画面に移動。右下の枠のマークがトリミングのボタンです。

ボタンを押すと、写真に枠が出てきます。枠は上下左右に自由に動かすことができるので、バランスのいいところで止めます。

※バランスの良いところって??基本は左右対称を心掛けましょう。被写体と外枠との距離が左右同じだとバランスがよく見えます。

チェックマークで保存して、完成です。

1度編集してしまっても、あとから元のバージョンに戻すこともできるので安心です。気に入るまで何度でも試してみましょう。

2.明るさ編集

室内、逆光、あいにくの天気…暗くてパッとしない写真が撮れてしまいがちです。

明るさを人工的に上げてしまうことで、見やすく、華やかな写真に近づけることができます。

例えばこの写真。

(熊本市慶徳地域コミュニティセンター)

写真アプリの右上にある”編集”をタップします。

太陽のマークで明るさを変えることができます。

(編集を開くとすでに明るさ編集のモードになっていることが多い)

明るさを調節する方法はいくつかありますが、おすすめは”ブリリアンス”と”露出”。

”ブリリアンス”とは、ISO 10以降に登場した機能です。

プラスの方向に調節すると、映像が明るく華やかな雰囲気になります。

陰と陽?のようなこのマークをタップ。

下のメモリを押さえながら、左方向に動かしてみましょう。

ブリリアンスがプラスで調整され、少し明るく鮮やかになりました。

反対に動かすことで、暗くすることもできます。

好みの明るさで止め、チェックマークで保存をしましょう。

※明るくしすぎると不自然な写真になってしまう危険もあるので、写真全体をみてちょうどいい色を探しましょう。

このブリリアンスは性能がよく、自然な明るさ、色合いで調整がされ、絶妙なバランスが保たれます。どんな写真でも活用できること間違いなしです。

ほかにも明るさを調節できる機能が”露出”

ブリリアンスの横にある+と-のマークをタップし、メモリを左側に動かしてみましょう。

全体的に明るく、光あふれる写真になりました。

以上の1.トリミング 2.明るさ の調整を行うだけで、写真の印象は劇的に変わります。どちらもiphoneで数十秒でできてしまう作業なので、

自分の写真にひと手間加えて、お気に入りをもっともっと増やしていきましょう。

おすすめプロテイン
最新情報をチェックしよう!