ニューイングランドIPAレシピ

NO IMAGE

レシピの種類全粒穀物

酵母コナン酵母

スターター収穫した酵母をリピッチ

バッチサイズ(ガロン)6.5

元の重力1.055

最終重力1.011

沸騰時間(分)60ティッカー50(?)色4.0一次発酵 (日数 & 温度)12日 @ 64–>70

二次発酵 (日数 & 温度)2-3日 @ 65テイスティングノートのスタイルで:ツリーハウス、トッピングゴリアテ、ヒルファームステッド….等。仕様:
OG 1.055
FG 1.011
IBUの……苦味から30~35、後期添加ホップの全てからの利用率の確信が持てない。しかし、知覚は35 IBUをはるかに超えています。
SRM 4
ABV 5.3% – これは間違いなく「セッション」IPAのほうが多い – しかし、重いレイトホップと全身は本当に人気のあるIPAとDIPA

の編集の多くの6-8% + abvなしで通常のIPAのように飲むようにします:最新バージョン、アップデート、そして私がこのビールを作っている方法の私の最新の/現在のバージョンを探している人のために – あなたはこのスレッドのポスト#1418でその情報を見つけるでしょう。元のレシピはそのままで良いです…しかし、私は私の実践のいくつかをシフトし、また、この元の記事でいくつかのことを単純化/明確にしました…..アップデートについては#1418をチェックしてください:https://www.homebrewtalk.com/showpost…postcount=1418 編集

#2:最新バージョン、アップデート、そして私がこのビールを作っている方法の私の最新の/現在のバージョンを探している人のために – あなたはこのスレッドのポスト#5803でその情報を見つけるでしょう。元のレシピと#1418アップデートはどちらもそのままで良いです…しかし、私は自分の実践のいくつかをシフトし、また、このオリジナルと#1418の投稿でいくつかのことを単純化/明確にしました…..更新/明確化のために#5803をチェックしてください:
https://www.homebrewtalk.com/forum/threads/northeast-style-ipa.568046/page-146#post-8203827

**私は完成したビールの6.5ガロンを醸造します(沸騰後)…..これにより、ホップ/トラブを沸騰ケトルと発酵槽に残し、最終的に5ガロンをサービング樽に入れることができます。5ガロンのポストボイルで終わったら、ホップを少し下げて調整することをお勧めします。
6.5ガロンポスト
5.75ガロンを発酵槽
に沸騰させ、5ガロンを樽に

5ガロン穀物請求書:%と実際のamt。私は6.5ガロン@ 84%マッシュ効率(あなたの効率は異なる場合があります)44%ラール2行(5ポンド)

44%ゴールデンプロミス(または同様の….パール、マリスカワウソ) (5ポンド) 4% フレークドオート麦 (1/2 ポンド) 4% フレークドオオムギ 1/2 ポンド) 2% 小麦 (1/4 ポンド) 2% ハニーモルト (1/4 ポンド) 60分マッシュ @152-154)

ホップ:
**60 分 = 0.75 オンス戦士
**フレイムアウト = 1オンス. シトラ/ギャラクシー/モザイク
の各 **160以下に冷やし、シトラ/モザイク/ギャラクシーのそれぞれに1オンスを追加します。チラーを停止し、ホップが30分ほど座るのを許してください。5分程度ごとにかき混ぜる/ワールプール麦汁。
62まで冷やし、ホップをできるだけ落ち着かせてください。麦汁を発酵槽に移す。私は0.75ガロンの真のホップを残す傾向があります(これが私が6.5ガロンのバッチを醸造する理由です)。

**ドライホップ#1-5-7日目に – 一次発酵槽に以下を追加します:
1.5オンス。シトラ
1オンスモザイク
0.5オンスギャラクシー

**ドライホップ#2 – 12日目頃、1.5オンスで
CO2パージドライホッピング樽に移動します。シトラ
1オンスモザイク
0.5オンスギャラクシー
(私はこの戦略を使用します:http://www.bear-flavored.com/2014/09/how-i-dry-hop-my-ipas-with-no-oxygen.html)

14-15日目 – ドライホップ樽からサービング樽にジャンプします。炭酸塩を中程度/中程度 – 低に強制します。

水プロファイル:私はマッシュで80%RO水、20%ハード(カーボンフィルター)水道水、スパージ水で87%ROを使用します:

私はマッシュポテトとスパージ水のガロンあたりを追加します –
石膏= 0.2グラム/ガロンCaCl = 0.6グラム/ガロンエプソム= 0.1グラム/ガロン缶詰塩= 0.2グラム/ガロン

乳酸= 0.5ml /ガロンマッシュ、0.25ml /ガロンスパージ(私は5ガロンのマッシュウォーターと6ガロンのスパージ水を使用しています)。

B’run水

を使用して Ca= 96
mg = 12
Na = 28 硫酸塩 = 67 塩化物 = 128

重炭酸塩 = 70 もろみ pH = 5.37-5.42

最終ランニング pH = 5.60
プレボイルケトル pH = 5.40-5.45

ポストボイル pH = 5.3-5.35

水プロファイル – 簡単な溶液:
多くの人々は、自分の水プロファイルが何であるかを知らないか、水プロファイルソフトウェアの使用にジャンプしていないため、水のより一般的なガイドについて尋ねます。私はB’run水、および上記のプロファイルを使用します。しかし、あなたがちょうど何か「似たような」ものの球場に入りたいのであれば…..最も簡単な解決策はこれです:
マッシュポテトとスパージの両方のための100%RO水。
マッシュ水の5ガロンあたり:CaClの小さじ1 + 1/2小さじ石膏スパージ水の5ガロンあたり:CaClの小さじ1 + 1/2小さじの石膏

これは約140塩化物と80硫酸塩をもたらすはずです。

これは、NaまたはMg数を取得しようとすることを考慮に入れない。それは重炭酸塩を無視し、100%ROであるため、酸を加えずにマッシュのpHを約5.41にするはずです。

ミネラルの小さじ1グラムから小さじまでのグラムの大まかな見積もり:
1/4小さじ石膏= 0.9グラム1/4小さじCaCl =
1.1グラム1/4小さじ
エプソム塩= 1.3グラム1/4小さじ缶詰塩= 1.8グラム

発酵
酵母 – コナン(バーモント州IPA)、1318はまた、多くの人がこのようなビールに使用することを選択した酵母です。
私は発酵の最初の3日かそこらを通して66-68度に自由に上昇させて62頃に発酵を始める傾向があります。その時点で、私はそれが68-70-72の範囲で終わることができるどこかにそれを移動するのが好きです。

その他の考え/メモ:

私はこのスタイルにIPAを醸造する際にほとんどすべてを同じに保ちます。しかし、私はホップを混ぜ合わせます。私はいつも戦士と苦い思いをし、Flameout、Whirlpool、Dry Hop #1、Dry Hop #2で3オンスの追加を4セット使用しています。しかし、必ずしも同じホップとは限りません。私は時々100%シトラをします。私は時々すべての4つの追加(グレープフルーツ!!!!)のためにシトラ/モザイク/ギャラクシーの等しい部分を行います、私は時々すべての4つの追加で等しい部分(1.5オンス)シトラ/モザイクをします…しかし、常に同じ基本金額、同じ基本スケジュールで。

IPAのこの「スタイル」を得るためには、水が重要です。塩化物で高く、石膏でより低く行くことが重要です(私は思う)。私も……そして、私は正確になぜかわからない……私の高い重炭酸塩水や、乳酸を使用して(より低いpHとは対照的に)5.4の範囲のpHを撮影するなど、より多くの成功を収めました。

私はビールのこれらのタイプのボールパークで非常に多くを得るために、この戦略を見つけました……ヘイジーでフルボディ、ジューシー/フルーティーなホップ。:mug:

おすすめプロテイン
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!